会社沿革


1940年(昭和15年)
大阪市城東区にて大阪ダイヤモンド工業所として牧野喜一により創業
1949年(昭和24年)
牧野精工株式会社を資本金20万円にて設立。代表取締役に牧野喜一就任。
溶接棒製造工程の超硬合金工具の製造販売を始める
1962年(昭和37年)
空圧用直動型電磁弁のスリーブ・スプールの製造開始。
1965年(昭和40年)
NABCO㈱殿、及び三菱重工業㈱三原製作所殿よりの要請で、新幹線ATC用滑走防止弁の製造開始。
1966年(昭和41年)
代表取締役牧野喜一死去に伴い、代表取締役に牧野洋久就任。
1967年(昭和42年)
資本金320万円に増資。
1973年(昭和48年)
守口市南寺方に第2工場開設。
1975年(昭和50年)
日本スピンドル製造㈱殿と取引開始、油圧機器の製造を始める。
1977年(昭和52年)
NC旋盤1号機を導入。
1979年(昭和54年)
住友精密工業㈱殿と取引を開始し、マシニングセンター1号機を導入。
1983年(昭和58年)
生産管理用オフィスコンピューターを導入。
1984年(昭和59年)
川崎重工業㈱西神戸工場殿(現カワサキプレシジョンマシナリ)と取引開始。
1985年(昭和60年)
門真市桑才新町に新工場建設。本社工場、第2工場を統合。
1991年(平成3年)
資本金1,000万円に増資。
2000年(平成12年)
㈱不二越殿と取引開始。
2003年(平成15年)
門真市深田町に第2工場開設。
2004年(平成16年)
ISO9001認証取得。
2007年(平成19年)
門真市桑才新町に第3工場開設。
2008年(平成20年)
代表取締役に牧野洋一就任。
2011年(平成23年)
門真市松生町に第4工場開設。